×

CATEGORY

CATEGORY

CONTENTS

HOME»  ブログ記事一覧

ブログ記事一覧

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

SUMMER SALE開始のお知らせ

随分久しぶりの投稿になりました。
ROCKBIKESのあるここ大阪では、外気温35度以上の猛暑日が多く、特に今年は例年にも増して暑さを感じる今日この頃ですが、
皆様いかがお過ごしでしょうか?
本当に体調管理には気を付けないと大変なことになりそうです。

本日は暑い中過ごしておられる皆さんを応援する意味も込めて、
耳寄りなお知らせをお届けさせていただきます。

明日2023年8月11日(金)~2023年9月30日(土)まで
SUMMER SALE と題しまして
完成車全車種を対象に10%OFF(キャッシュバック)にて販売させていただきます。

SUMMER CAMPAIGN

今回は当社オンラインストアだけでなく、提携ディーラー様・当社が運営しております楽天市場NYC-STORE・同じくYahoo!ショッピングNYC-STOREどちらで購入いただいても10%割引させていただきます。
(楽天・自社オンラインストアは割引後の価格が表示されております)
(Yahoo!ショッピングでは10%割引クーポンを発行しております)

購入を検討している方、欲しいんだけどちょっと高いからもう少し安かったら検討するんだけど・・・という方や、
検討はしているんだけどオンラインで自転車を購入はやっぱり不安だなという方も、今回はどちらで購入していただいても10%OFF

提携ディーラーがお近くにない方は、一度近くの自転車屋さんで、
”このROCKBIKESっていうブランドの〇〇っていうのが欲しいんだけど仕入れてもらえませんか?”
と聞いてみて下さい。もし店主さんがいいと仰ってくだされば割引価格で購入いただけます。
言い忘れておりましたが、もちろん当社店頭での購入でも10%OFFです。

ご検討中の方は是非この機会をお見逃しなく!

楽天市場 公式 NYCストア
https://www.rakuten.co.jp/nyc-inc/?s-id=top_normal_shophist

Yahoo!ショッピング 公式 NYCストア
https://store.shopping.yahoo.co.jp/nyc-sotre/a5d6a5e9a5.html#sideNaviItems






 

2023-08-10 18:00:30

コメント(0)

Jealousy・Rizer入荷しました。

5月も気がつけば後半に差し掛かっております。
ようやくですが先日新型のJealousyとRizerの第2期モデルが入荷致しました。
ご予約いただいていたお客様・お店様大変お待たせ致しました。
このブログを見ているころにはお手元に届いている方がほとんどだと思います。
先日の5月19日にマスターピストさんとコラボという形で
YoutubeにてRizerとJealousyの紹介をさせていただきました。
前編はマスターピストの「ピストじじいのピストバイク入門【マスターピスト】」チャンネルにて
Rizerの新色をメインに紹介しています。
後編として僕たちのYoutubeチャンネル「ROCKBIKES TV」にて
新型であるJealousyについて紹介しております。

前編はこちらから

 
後編はこちらから
 
よろしければご覧ください。
これまでイメージイラストだった商品ページも実車の写真でご覧いただけるようになりました。

まずはJealousy 左から 
Glossy Black (グロッシーブラック) Mサイズ
Ice Blue (アイスブルー)  Sサイズ
Dark Nickel (ダークニッケル)  Mサイズ
3台ともパシュート(前傾)具合が分かるように水平に写真を加工しております。​
rockbikes jealousy glossy blackrockbikes jealousy ice bluerockbikes jealousy dark nickel
ご覧いただければわかると思いますがSサイズでもきちんと前傾しています。
Jealousyのポイントはここで、比較的小柄な方(目安ですが身長160cm~)でも
きちんとパシュート(前傾した)フレームに乗れるんです。
市販されているピストで小さいサイズでもきちんと前傾しているモデルを探すのはなかなか難しいと思います。

Jealousyの詳しく知りたい方はこちら
https://www.rockbikes.jp/category/40/


続いて Rizer 左から 
Trans Black (トランスブラック) Lサイズ
Glossy Grey (グロッシーグレー) Sサイズ
Glossy Black (グロッシーブラック)  Lサイズ
rockbikes rizer trans blackrockbikes rizer glossy greyROCKBIKES RIZER Black ロックバイクス ライザー ブラック
Trans BlackとGlossy Grey が新色になります。
注目は何と言ってもTrans Black(トランスブラック)だと思います。
RAWカラーの上にスモークの塗装が施されており、パッと見はブラックですが光に当たると中が透けて溶接痕が顔をのぞかせます。
この2面性が何とも絶妙です。
rockbikes rizer trans black
Glossy Blackは前回から継続ですがホイールのスポーク色が黒からシルバーに変更されています。(写真は前回仕様です)
その他は前回仕様と大きな違いはございません。

Rizerを詳しく知りたい方はこちら
https://www.rockbikes.jp/category/28/

本社では試乗車をご用意させていただいております。
JealousyはダークニッケルのMサイズ・RizerはグロッシーグレーのSサイズです
(時期によって変更の可能性はあります)
rockbikes jealousy dark nickelrockbikes rizer glossy grey

 実車を見てみたい・触ってみたいという方はぜひお越しくださいませ。お待ちおります。

2023-05-24 17:36:10

コメント(0)

自転車の選び方(ロードバイクとクロスバイク編①)

世の中はGWに突入致しましたが、皆様はご予定はお決まりでしょうか?
私は全く予定もなく会社でパソコンに向かっております。

今は気候的にいい季節ですし、皆様自転車に乗られておられるかもしくは自転車を購入したいと
考えておられる方が多いと思いますがどういった基準で選びましたか?もしくは検討しておられますか?
今回はそういった自転車選びについてのお話しをしていきたいと思います。
先日Youtubeでロードバイクとクロスバイクの違いという題材で代表の西山がお話し致しました。
映像の方が短時間で分かりやすいのでよろしければこちらをご覧いただけると助かります。
 
 


今回当ブログでは、自転車の歴史等は割愛致しますが、その代わりにもう少し掘り下げて、
自転車の選び方についてお話していきます。

自転車には、様々な種類があるのは皆様もご存じのことと思われますが、その中で自分に合ったものを選ぶとなると
ネット等で調べてもなかなか分かり辛いなと感じるのが正直なところです。
中には、「ドロップハンドルが付いている自転車=ロードバイク」としてるところもありますが、
それはちょっと乱暴すぎないかと思うわけです。
なのでここでは、可能な限り分かりやすく皆様が自分に合った自転車をお選びいただけるように、説明していきたいと思います。
とは言え、ロードバイクとクロスバイクの違いを説明するだけでもかなりの種類が関わってきます。
まずは下の写真をご覧く下さい。

自転車のカテゴリー

 こちらの写真を基に自転車のジャンルについて詳しく解説していきたいと思います。

左から

①ロードバイク(ロードレーサー)
ドロップハンドルに細いタイヤ(現在では700×25c~28cが中心)を装着し、
フレーム設計を含め長い距離を速く走ることに主眼を置いた設計をしています。
グループセットコンポーネント(ブレーキや変速機などの構成部品)はロードバイク用のものを使用しています。
ROCKBIKESではENVY(エンヴィ)やROCKET(ロケット)、
過去のモデルですとDeuce(デュース)やSpitfire(スピットファイア)、Fortune(フォーチューン)等がこちらに属します。

rockbikes envy custom
(参考)上の写真は過去に販売していたENVYのカスタムモデルです。


以下は日本において一般にクロスバイクと呼ばれるものをこのブログでは細かく分類しています。

②フラットバーロード
上記のロードバイクのフレームに、フラットバーハンドルを組み込んだものと解釈していただければ分かりやすいと思います。
フラットバーハンドルに交換している分、ロードバイクよりは若干姿勢が立ち気味なのと、
ドロップハンドルではないので初心者でも怖さは少ないと思います。
グループセットコンポーネントにはロードバイク用のものを使用しているケースが多いです(こちらはメーカーや車種によります)。
そのため基本的に、デュアルコントロールレバー(ブレーキレバー一体型の変速レバー)と
ドロップハンドルに交換するだけでロードバイクに変更できます。
当社ではENVY・ROCKET、過去にあったSpitfireなどにもフラットバーロードモデルがございました。

rockbikes spitfire
(参考)上の写真はSpitfire(スピットファイア)のフラットバーカスタムです。


③標準的なクロスバイク
フラットバーハンドルにロードバイクより少し太いタイヤ(一般的には700×28c以上や、最近では650Bを使用したものも)、
フレーム設計も含め、ロードバイクやフラットバーロードよりも立ち気味の姿勢になります。
その為ロードバイクと比較して前傾が浅い上に、タイヤ内のエアボリューム(空気の量)が多いので空気圧を低くできる為、
体感上の乗り心地はよくなる傾向(個人差はあります)ですが、その分、路面の抵抗が増し走りが重く感じたり、
細いタイヤと比較して、重量が重くなる等の理由で、ロードバイクやフラットバーロードよりも長距離走行や、
速く走ることに対して不利になります。
グループセットコンポーネントはマウンテンバイクのものを使用していることが多く、
マウンテンバイク用の方がロードバイク用に比べて、丈夫で安価である場合が多いので、
標準的なクロスバイクがロードバイクやフラットバーロードよりもお求めやすいことが多いです。
ROCKBIKESでは、今は一旦ラインナップから外れていますが(必ず復活します!)Prideがこちらにあたります。
Prideは世代ごとに、ハンドルバー形状がフラットバー→ブルホーンバーに変更しましたが、
所謂クロスバイクの王道スペックをキープしておりました。
rockbikes pride phase 4
(参考)プライド

現在販売中のグリードは判断が難しいですが②と③の中間になるかと思います。
rockbikes greed LAVA Grey
(参考)グリードの650B仕様です

④トレッキングバイク
標準的なクロスバイクとMTB(2000年以前)の中間的なものです。
標準的なクロスバイクよりもう少し悪路(そもそもトレッキング用なので)にも行けるような車体構成で、
フロントフォークにサスペンションを搭載したものが多くあります。
但し現在の日本に於いては、トレッキングバイクのカテゴリー自体がほとんど見かけなくなってしまいました
(需要が無くなったんでしょうか?)。

⑤MTB(マウンテンバイク)
悪路を走る為に考案された自転車、上記のジャンルの中ではロードバイクに次いで歴史が古いです。
フロントサスペンションを持ち(リジットフォークのものもありますし、前後にサスペンションを装備したものも有ります)
アメリカが発祥の為タイヤサイズは26インチを基本としていました。現在では27.5インチや29インチも展開しています。
フレームサイズも泥が詰まったりしないようにタイヤとのとのクリアランスも大きめに取られ、
姿勢も標準的なクロスバイクよりもさらに立ち気味になっています。
今回の説明では、1990年代に一大ブームを巻き起こした世代のMTB
(特にリアにサスペンションの付いていないハードテイルのモノにフォーカス)について触れています。
MTBは現在は当時と比較して急速な変化を遂げており、またジャンルも細分化され当時とは全く違う設計になっております。
現代のMTBは自転車としてあまりに違いすぎるので、機会があればいずれMTB単体でブログを書ければと思います。

rockbikes nightrain
(参考)現在のハードテイルMTB


⑥グラベルバイク
近年この名前が誕生し、人気が上がっているジャンルです。
タイヤは700Cもしくは650B(27.5インチ)でかなり太目のタイヤを履いています。
文字通り林道や未舗装路などを走れるバイクとして誕生したのですが、
フレーム設計は上記の2000年頃までのMTBと似ている部分も多く、現代版トレッキングバイクという感覚でしょうか。
只、近年新しくできたジャンルということもありメーカーごとの考え方や設計には割と幅があるかたちとなっております。
グラベルバイクはドロップハンドルのグラベルロードとフラットハンドルのフラットバーグラベルに分かれます。

⑥-1 グラベルロード
上記のグラベルバイクのフレームにドロップバーを組み合わせたタイプです。
ドロップバーの為前傾は取りやすいので、フラットバーグラベルよりはスピードを重視してはいますが、
やはりフレームは太く大きいタイヤを収める為にクリアランス等は大きく取られており、
フレームジオメトリとしては、一部の2000年頃までのMTBに近いものとなっております。
ロードという名前が付いているので純粋なロードバイクと勘違いされる方もいるかもしれませんが、
タイヤが太いということは言い換えると路面抵抗が大きく、かつタイヤを含め車両全体が重いということなので
同程度のグレードのバイク同士で比較すると、速さと遠くに行くという能力としては純粋なロードバイクには劣ります。

⑥-2 フラットバーグラベル
上記のグラベルロードとフレーム設計は良く似ていますが、ハンドルがフラットバータイプ(含むライザーバー)の為
ハンドル形状的に道が悪いところでの安定感はグラベルロードよりはあると思います。
グループセットコンポーネントもMTB系が多く、初期費用や運用コストも安くこれからグラベルを体験したい方に
向いているかと思います。勿論、既にスポーツバイクに慣れ親しんだ方にも十分に楽しめるカテゴリーだと思います。
ROCKBIKES的には、今一推しのカテゴリーです。
標準的なクロスバイクをもう少し悪路寄りに振ったものと考えていいかと思います。
当社のWRATHがこのフラットバーグラベルに属します。
rockbikes wrath ice blue

ロードバイクとクロスバイクという意味で関わってくるジャンルとしては、大きくこの程度では無いでしょうか?
ではこの中でどれを選べばいいのかというのをご紹介していきたいのですが、
長くなってしまったのでその話は次回にしたいと思います。

2023-04-28 16:59:42

コメント(0)

大変お待たせいたしました

ここ数日、日本は大量の黄砂に見舞われていますが皆様いかがお過ごしでしょうか。
駐車している車はザラザラになるし、私は花粉症も相まって体調が優れず困っている今日この頃です。

先日ようやく”RB77”のAmistad(アミスタット)が入荷致しました。
入荷を心待ちにしておられた皆様、遅くなり大変申し訳ございません。
”RB77”というブランドに関しては以前のブログにてお伝えしているのでここでは割愛して、
Amistad(アミスタット)の紹介をさせていただきたいと思います。
近々YoutubeでもAmistad(アミスタット)の紹介動画を公開する予定です。

RB77 Amistad(アミスタット)
RB77 AmistadRB77 Amistad olive metallicRB77 Amistad matte black

右からナルドグレー・オリーブメタリック・マットブラックの3色展開です。
新色ナルドグレー追加しております。ガーネットレッド・アトランティスブルーに関しては今回は入荷を見送りました。
折角なので今回は新色のナルドグレーを見ながらご説明したいと思います。
RB77 Amistad
(可能な限り現物の色に近い印象を伝えることができるように撮影しております)
色味は青みがかったブルーグレーですが、淡い色合いなので見る場所(室内と室外や日当たりなど)によって
青が強めに見えたりグレーが強めに見えたりと印象が大きく変わるフレームカラーです。(個人の感想です)
他のオリーブメタリックとマットブラックは見る場所でそれほど印象が大きく変わることがないので
そこが大きく違うと思います。(個人の感想です)

RB77 Amistad
ブレーキは前後共にこの価格帯では珍しいディスクブレーキを採用しています。
ディスクブレーキは雨の際にもキャリパーブレーキのように効きが低下したりはしないので雨でも乗られる方には特にお勧めです。
変速関係は”SENSAH”社の2x9sのIGNITEを採用しています。
STI(ブレーキ一体型変速レバー)はダブルタップ方式(スラム社と同じ形式)を採用しており、シマノユーザーの方には少し慣れが必要かも知れませんが、慣れれば変速もスムーズに行えます。
50/34Tの2ピースコンパクトクランクと11‐32Tのワイドカセットを採用し、
山道などの急坂から平坦なところを高いスピードを維持したい際など様々なシチュエーションでの使用が可能です。

RB77 Amistad
タイヤは若干太めの32Tを採用しています。ショルダー部はセミブロックパターンになっており、ちょっとした林道やガレ場程度であれば対応可能です。
このタイヤがすり減って交換する際に、お好みに応じて
(舗装された道を遠くまで快適に走りたい方は)25Cや28Cのロードタイヤを選択したり
(もう少し荒れた道に行きたい方や快適性を上げたい方は)太いタイヤやブロック形状のタイヤを選択するのも
面白いかと思います。35Cまでは装着確認済み(それ以上のサイズは要確認、タイヤメーカーや形状によってはもう少し太いタイヤも履けるかもしれません)。

RB77 Amistad
しっかりとよく走るフレーム設計を行いつつ、シフトケーブルにあえて内装式のワイヤールーティンを採用しなかったり、
他はシンプルな構成にすることにより、今後のメンテナンスや部品の交換に際しても柔軟に対応できるバイクに仕上がっているので
各部のアップグレードなどで楽しみながら、長く乗っていただけると思います。

物価の上昇激しい昨今、当社もその波には抗えない部分もあるので以前の価格からはの値上げは避けられませんでしたが、
そんな中、この内容で¥89,100(税込)というのはバーゲンプライスと言えるのではないでしょうか。

5月14日(日)には岐阜県の岐阜羽島駅近くのBLOCK47という施設にて予定されてます”岐阜羽島フリーマーケット”にて展示・試乗会を
行うことが決定致しました。詳しい内容は追って当ブログにてお伝えさせていただきたいと思っておりますので、
もし中部地方にお住まいでアミスタットを含め当社の製品を検討されている方は是非お越しくださいませ。

今後ともROCKBIKESをよろしくお願い致します。

post by: YS

2023-04-14 11:05:52

コメント(0)

皆様へのお詫び

気がつけば3月も本日で最終日。
私は年齢を経る度に時間の流れが早くなっていくことに戸惑いながら
日々を過ごしていますが皆様はいかがでしょうか。

本日は皆様に1点お詫びがございます。
大阪の梅田にあるピストショップ"MASTERPISTA"さんとのコラボレーション企画
RIZER(ライザー)
rockbikes rizer
Jealousy(ジェラシー)
rockbikes jealousy

の2商品なのですが、当初3月下旬入荷とアナウンスしておりましたが生産が遅れており
誠に勝手ながら4月末頃の入荷に変更にさせていただきます。
ブルホーン仕様もそれにつれて4月下旬⇒5月下旬以降入荷に変更になります。
ご予約していただいているお客様、大変申し訳ございません。
生産自体は進めておりますのでもう少々お待ち下さいませ。
Jealousy frame
こちらは数週間前のジェラシーのフレームの写真(写真は未塗装の状態)です。
生産も現在はもっと進んでいると思われます。
詳しい入荷時期が判明次第、ご予約されたお客様・お店様には個別にご連絡差し上げます。

どうぞご理解をよろしくお願い致します。
 

2023-03-31 13:18:48

コメント(0)

ロックスター来店!

地域によっては桜も綺麗な今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。
ROCKBIKES付近の桜はかなり咲いており、今週辺りが見頃のような気がします。

本日はまず皆様にお礼を言わせていただきます。
3月8日にYoutubeチャンネルを開設し3週間を経たずして早くも登録者数が100人を突破致しました。
これも日頃の皆様の応援の賜物であると思います。
次は登録者数1000人を目指して皆様の楽しめる動画、お役に立てる動画を制作していきたいと思います。
まだご覧になられていない方はぜひ1度見ていただければ幸いです。

Youtubeの最新の動画をご覧になっていただいた方はご存じかと思いますが、
弊社に「ZIGGY」の森重さんが来てくださいました!
森重さんは自転車が大好きでROCKBIKESの自転車を気に入って複数所有してくれています。
今回の来訪では代表の西山と自転車のこと・同じクリエイターとしての想いなどを熱く語っていただきました。
前回の動画では触りだけでしたが、本日公開の動画から2人の自転車トークの開始です。

今回はROCKBIKES(ロックバイクス)×Masterpista(マスターピスト)のピストバイク(シングルスピードバイク)
「Rizer(ライザー)」についてお話しされています。 制作の経緯や車体の特徴などを実際にある車両をご覧いただきながらの説明に森重さんも聞き入っておられました。



サインもいただくことができました。
ZIGGY森重さん

rockbikes rocket ziggy ver.

頂いたサインは以前森重さんが使用して下さっていたRocketのフレームと共に本社に展示しております。
お近くに来られる機会がございましたらお立ち寄りくださいませ。


 

2023-03-27 18:08:20

コメント(0)

春の新生活応援キャンペーン

3月になって急に暖かくなってきて気持ちよく自転車に乗れる季節になりましたが皆様いかがお過ごしでしょうか。
私は現在、急激に増えたスギ花粉と格闘中でございます。
コロナ以後では今年が1番なのではないかと感じております。
先週開設したYoutubeチャンネルも少しずつですがチャンネル登録者数も増えてきており非常にうれしい限りです。
この場を借りてお礼申し上げます。
今回は日頃応援して頂いているお客様への恩返しの気持ちを込めて春のキャンペーン第二弾を行いたいと思います。

現在弊社のラインナップの中でも中核を担っているモデル
Wrath(ラース)
アルミフレーム+フルカーボンフォークにフロントシングルやスルーアクスルなど最新の規格や装備を取り入れつつ、
700×35Cの太いタイヤ・幅の広いフラットバーハンドルにより場所を選ばない高い走破性と
油圧ディスクブレーキの採用による天候を問わない高いストッピングパワーと安全性
それでいてROCKBIKESらしいクイックなハンドリングと
ROCKBIKESの中でも万能モデルと言っても差し支えない内容です。
YoutubeチャンネルでこのWrath(ラース)を詳しく紹介しております。



今回のキャンペーンではこのWrath(ラース)2023年モデルをベースに
リミテッドエディションとしてお得な価格のモデルを数量限定で設定致します。
装備や内容はそのままに価格を¥121,000(税込)⇒¥99000(税込)の特別価格で提供致します(フラットバー仕様に限ります)。
色はマットブラック・NATOグリーン(カーキ)・アイスブルーの3色ございます。

rockbikes wrath matte black ltdrockbikes wrath NATO green ltdrockbikes wrath ice blue LTD

また、2022年モデルではございますがサンドベージュの設定もございます。こちらもリミテッドエディションと価格は同一です。
rockbikes wrath sand beige

以前に告知しておりますTシャツプレゼントキャンペーンも引き続き展開しておりますのでこちらも対象でございます。
Wrath(ラース)はお値打ちなプライスでの限定販売となりますので、予定数に達し次第終了とさせていただきます。ぜひお早めにお買い求めくださいませ。
 

2023-03-24 10:15:59

コメント(0)

YouTubeチャンネル開設

今週はMTBの他にもう一つ発表がございます。
以前前当ブログで紹介したROCKBIKESの自己紹介動画を見てくださった方は気付いていた方もおられると思いますが・・・

ROCKBIKESがこの度新しくYoutubeチャンネルを開設致しました。
チャンネル名は”ROCKBIKES TV”
このチャンネルでは、メンテンナンスのコツ・作業の様子・商品紹介・我々の想いなどを発信し、
それを通じて自転車だけでなくそのユーザーも含め「かっこいい」を目指す方のお手伝いをしていきたいと思っております。

第1回目は”プロが教えるバーテープの巻き方”をご紹介させていただいております。
代表の西山がバーテープの巻き方のコツや気をつけるべきことをプロの目線から詳しくレクチャーしております。
これを見て練習すれば今までバーテープを巻くのが苦手だった方も綺麗にできるようになれると思いますし、
今まで自分で巻いたことのない方もこれを見ながらチャレンジしていただくのもいいかと思います。



まだ、演者も編集も未熟ですので拙い映像になってしまっている点はご了承下さい。
今後試行錯誤を重ねてクオリティを向上させていく所存です。
併せて以前に当ブログでご紹介したROCKBIKESの自己紹介の動画を皆様が見れるようにさせていただきました。



こちらはまだ見られて方は見ていただければ幸いです。
気に入っていただければチャンネル登録をよろしくお願い致します。
これからも”ROCKBIKES TV”では皆様に有益な情報を発信していきたいと思います。
これからもROCKBIKESをよろしくお願い致します。



 

2023-03-10 10:37:47

コメント(0)

MTB作ります!

本日は皆様にビッグニュースがございます。僕たちもこの情報をお伝えできる日を心待ちにしておりました。

ROCKBIKESがMTB(マウンテンバイク)を発表致します!
大阪の河内長野市にあるマウンテンバイクを得意とするショップである”ACTWITH”様から
ご依頼をいただき共同で開発を進めること18ヶ月、
今までロードバイク・クロスバイクをメインに、設計、デザインしてきた僕たちにとって、
新しい挑戦で様々な問題はありましたが全て解消し、
ようやく量産の目途が立ちましたので皆様に発表することとなりました。

その商品がこちらになります。


 

Rockbikes × ACTWITH - Nightrain -(ナイトレイン)

ROCKBIKES x ACTWITH のコレボレーション企画で誕生したオリジナルMTB
NIGHTRAINというモデル名は
ガンズ・アンド・ローゼズの名曲から拝借いたしました
安価なカリフォルニアの酒精強化ワインの悪名高いブランドである
ナイトトレインエキスプレスへのオマージュ
低価格でアルコール度数が高いため
その昔バンドマンに非常に人気があったと言います
そんな安くて最高にハイになれるバイク
そんな特性を一言で表現
他社よりも安価でありながらロックバイクスの世界観と
決して簡単ではないオフロードで
思い通りの最高のシュプールを描くライドを手にすることができる
NIGHTRAINは貴重なライドタイムを最高に酔いしれることのできるバイクです

 

現時点でお伝えできる情報は多くありませんが、可能な限りご紹介させていただきます。
仕様に関しては

クロモリハードテイルMTB。
リアセクションには特徴あるフローティング構造でクロモリフレームと相まって衝撃を緩和します。
更にリアにはスライドエンドを採用し、車輪径やライディングスタイルに合わせて変更が可能です。
標準ホイールは29er(29インチ)・タイヤ幅は2.35インチを予定。
フロントフォークのトラベルは140㎜に設定。
ドロッパーシートポスト標準装備。
変速は1×12sを採用。
カラーはRAWカラーのみの設定です。
サイズは2サイズ
S/シートチューブ長370mm(適応身長155cm~175cm)
M/シートチューブ長420mm(適応身長165cm~185cm)の2種類をご用意しております。
完成車とフレームセット(フレーム・ヘッドセット・シートクランプの3点セット)をご準備させていただく予定です。
完成車の価格は¥198,000(税込)・入荷時期は6月下旬を予定しております(若干前後する場合がございます)。

完成車は現在予約を受け付けております。
https://www.rockbikes.jp/item/r-nira-comp/

フレームセットの価格は¥88,000(税込)・予約ページは準備ができ次第公開させていただきます。

現在、ACTWITH様の店頭にプロトタイプの車両がございます。
使用している部品や一部ジオメトリーなど製品版と比較して若干異なる部分はございますが、
全体の雰囲気は味わっていただけるかと思います。試乗も可能であるとのことです。

ACTWITHホームページ
https://www.actwith.net/

ACTWITH公式Facebook
https://www.facebook.com/actwith.jp/?locale=ja_JP

ACTWITH公式Instagram
https://www.instagram.com/take_actwith/

その他詳しい情報は準備でき次第順次公開させていただきます。

今年は年明けより皆様にご報告できる内容が充実しており大変嬉しく思っております。

まずは(予定より少し遅れてはおりますが)JealousyとRIZERの入荷が近づいております。
ご予約をされているお客様・お店様は今しばらくお待ちくださいませ。
入荷致しましたらこちらよりご連絡差し上げます。

Jealousyは入荷致しましたら皆様に乗っていただける試乗車を1台準備させていただこうかと考えております。
お近くにお越しの際は是非お立ち寄り下さいませ。

 

2023-03-08 16:57:20

コメント(0)

Tシャツプレゼントキャンペーン

3月になり、昨日から少しづつ暖かくなってきたように感じるようになりました。
季節に関係なく自転車を楽しんでいる方ももちろんおられるでしょうが、
冬の間お休みしていた方々もおられると思います。
そういった方の中にも、かくなり走り始める方がおられると思います。
実は私もその一人です。
一方で、春から新しい自転車をと探している方もおられると思います。

新しく自転車を始めたいと思う方々を我々ロックバイクスとしても応援できないかと日常から考えており、
その一環として、3月4日からTシャツプレゼントキャンペーンを行うことに致しました。
条件は弊社サイトで車両を購入し、会員登録(もちろん無料です)をしてくださった方が対象です。
Tシャツは2種類ございます。

rockbikes t-shirts


「スターロゴ」
フロントにブランドアイデンティティーであるスターをモチーフにした「RB」ロゴをプリントしました。
バックには肩のラインに、ヘッドバッジに使用しているウイングロゴを少しデザイン変更したものを使用しています。
「ウイングロゴ」
は左胸の位置にRBロゴを、バックにブランドのトレードマークであるヘッドバッジの「RB Wing」をプリントしました。

どちらもサイズはS・M・L・XLがございます。
サイズチャートはお手数ですがTシャツの商品ページをご覧くださいませ。
車両購入された方にはサイズ・種類の確認のメールを送信させてせていただきますのでそちらに返信をお願い致します。
予定数量に達し次第終了とさせていただきます。

Tシャツはもちろん単品でも販売しております。
これからの季節、使用する機会も増えてくるのではないでしょうか。

これからもこういったキャンペーンを定期的にしていきたいと考えております。
車両購入をご検討の方はこの機会に購入されてはいかがでしょうか。

ご検討の車種にROCKBIKESを加えていただければ幸いです。

2023-03-01 09:45:00

コメント(0)

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5